Search
  • Natural & Easy Birth

掲載コラム(16) ヒプノバーシングの感想


第16回:ヒプノバーシングの感想

サンフランシスコ・ベイエリアの情報誌、J-Weeklyに毎月連載しているコラム(Happyままガイド)です。

今回は、これまでにヒプノバーシングのクラスを受講して出産された方のご意見、ご感想をご紹介したいと思います。

①リラックスしたお産になった

受講者からいただく感想で一番多いのが、リラックスしたお産になった、というものです。ヒプノバーシングでは様々なリラクゼーション方法を学び、いつでも使えるようになるまで繰り返し練習します。心と体が完全にリラックスしたときに、女性が本来生まれ持つ出産能力が最大限に発揮されるためです。皆さん、リラクゼーション法を使っておだやかな出産を達成するだけでなく、産後も忙しい育児の合間に心身を効果的に休めるのにも役立てておられます。

②出産に対する見方が変わった

一般に持たれている出産のイメージは痛くて苦しそう、といったものが主流です。恐怖心をあおるようなことばかりが語られるので、多くの妊婦さんが不安を感じています。それに対してヒプノバーシングでは、女性は本来、苦痛の少ない穏やかな出産をする能力が備わっていること、そしてその能力を最大限に活かす方法を学びます。また、出産を病院任せにせず、自分の希望をしっかり伝えることも学んでいきます。最初はたくさんの不安を抱えていた妊婦さんでも、クラスの回を重ねるごとに、自信がついていき、最後には「出産が楽しみです」と言って帰っていかれます。

③思っていたよりも痛みが少なかった

最初から最後まで全く痛みがなかったという方は少数派ですが、大多数の方が、呼吸法やリラクゼーションのテクニックを使って、お産の間の大部分の時間をリラックスして過ごせたとおっしゃいます。赤ちゃんを生み出す段階になっても、ヒプノバーシングのテクニックを使っていれば、世間一般で言われるような極度の痛みを経験することはまれです。

④イメージ法がうまくいった

ヒプノバーシングではいろいろなイメージ法を学びます。多くの方がお産の間、自分の感覚にぴったり合うイメージを一つか二つ、繰り返し思い浮かべていた、とおっしゃいます。そして実際に、痛みを軽減したり、心身をリラックスさせる効果を実感しておられます。なかには、出産予定日を過ぎてそろそろお産を開始させたいな、と思った時にイメージ法を使ったらすぐにサージ(陣痛)が始まった、という方もいらっしゃいます。

⑤一人目のときとは全く違うお産になった

「一人目のお産はつらかったので、今回はそれとは違うお産にしたい」という理由でヒプノバーシングを受講される方はたくさんいらっしゃいます。これまで私のところで、二人目以降のお産のために受講された方は全員、一人目のときよりもずっとリラックスしたお産をされています。

⑥すぐに赤ちゃんが出てきた

子宮口が全開になってから何時間もプッシュしたけれど、なかなか赤ちゃんが出て来なかった、という話を一般的によく聞きます。ヒプノバーシングを受けていても、まれにそういうケースはありますが、「ほんの2、3回のサージで赤ちゃんが生まれました」とおっしゃる受講者が多いのには講師の私自身、驚いています。

ヒプノバーシングを習得していると、産道から力が抜け、赤ちゃんが出て来やすいからかもしれません。一般的なお産のように息を止めて無理やりいきむのではなく、体の力を抜いて、呼吸法を使いながらやさしく赤ちゃんを生み出すのがヒプノバーシングの大きな特徴です。

⑦家族の絆が深まった

ヒプノバーシングは出産におけるパートナーの役割をとても重要視しています。パートナーも一緒に受講して、お母さんをリラクゼーションに導く方法やマッサージ、病院スタッフとのコミュニケーション方法を学びます。そんなパートナーの存在はお母さんにとっては本当に心強く、「私と夫と赤ちゃん、3人が一体となって出産を行っていると感じられました」との感想もいただいています。

#jweeklyコラム #ナチュラル出産

19 views

Contact

Link

328 N. San Mateo Drive, Suite C

San Mateo, CA 94401

Email: naturaleasybirth@gmail.com

Phone: 650-539-8341

Serving San Francisco and Peninsula

in San Francisco Bay Area

 © 2014 by Natural Easy Birth. All rights reserved.